顔の日焼け紫外線対策のクリームおすすめ

顔の日焼け紫外線対策のクリームおすすめ

私たちが、生活している地球には、3つの太陽からの光線が、届きます。

それは、紫外線、赤外線そして可視光線です。

そのなかで波長が、短くてエネルギーが、強い光のことを、紫外線と言います。

一番短い波長が、紫外線、次が、可視光線、そして一番ながい波長が、赤外線です。

赤外線は、地上に熱を、送り、可視光線は、地上に光を、届けます。

そして、紫外線は、人間の肌に浸透してビタミンDを、合成します。

とはいえ、ビタミンDは、食事から摂取することも出来ますし、赤外線を、浴びて合成することもできる為に紫外線の役割と言えば肌等にもたらす有害な影響に注目されがちです。

紫外線は、すごくにたかいエネルギーを、もっています。

その為私たちの肌にもたらすエネルギーも相当なものなので、紫外線の対策を、施すことで肌への影響を、すこしでも軽減する必要が、あるのです。

紫外線のなかには、UV-AやUV-BそしてUV-Cといった3種類あるんです。

UV-Cが、一番有害な紫外線で肌ガンや免疫力の低下、白内障等の危険が、あるのですが、これは、オゾン層で吸収して地球には、殆ど届きません。

次にUV-Bは、地球上に届く光線の量が、オゾン層の増減で違いがあります。

UV-Bを、浴びると日焼けします。

そしてたくさんに浴びるとUV-Cと同じく肌ガンや免疫力の低下や白内障等の危険が、あるんです。

UV-Aは、ほぼ全て地表に到着する紫外線です。

浴びると日焼けします。

たくさんに浴びると肌の老化が、進行します。

一般的に私たちが、紫外線の対策として気にかけているものは、UV-BとUV-Aに成ります。

紫外線予防時期

紫外線が、もっとも強くなるのは、太陽が、もっとも高くなる5月です。

もっとも少無い時期は、日差しの少無い冬の間ですが、その冬の間でも夏季よりも紫外線のUV-A量は、2分の1程度にしかなら無いため一年間通して紫外線の対策をする必要が、あるんです。

UV-Bにかんしては、オゾンの量に影響を、うけるため、オゾン量が、少なくなる8月にUV-Bの量が、もっともおおく成ります。

それでは、この紫外線が、おおい季節にどのようにして紫外線の予防方策を、施せばよいのでしょうか。

一番かんたんなノウハウそれは、紫外線を、浴びなければよいのです。

ですが、中々そうもいきません。

毎日暮らしを、送る上で紫外線を、完璧に防ぐことは、不可能に近いことだからです。

そこでかんたんにできる紫外線の対策としては、やは、り外出時には、帽子を、かぶる、日傘を、さす、UV方策化粧品を、活用等して極力紫外線にあたら無い方策を、します。

同時に食事のなかで積極的にビタミンCを、摂取するようにして、足り無い分は、サプリメントを、活用する等して摂取を、推進し紫外線を、浴びてしまった身体のケア方策を、おこ無います。

近年は、昔よりも紫外線カット率が、たかい日傘や帽子等の製品が、普及しています。

オゾン層の破壊等によって紫外線も昔より高くなっていますが、紫外線カット率のたかいグッズを、活用して紫外線の対策を、していくしか紫外線に打ち勝つノウハウは、無いとおもいます。

すこしだけの外出だと思っても決して油断しないで、日焼け止めを、塗る、日頃から、紫外線のUVカット化粧品を利用して庭にでるだけとか、近所に行くだけとかでも帽子を、かぶる、日傘をさす等欠かしては、いけません。

紫外線の強さ

紫外線の強さは、その地域や季節等によって変わってきます。

つまり紫外線のつよい地域ほど紫外線に対しての注意が、必要と成りますから紫外線の対策のたいせつ性も高くするということです。

どんな状態の場合注意しなければなら無いのかを、知ることで、紫外線の対策を、きちんとするようにしましょう。

まず地域でいうと、紫外線は、地域的には、南の方面に行くほど強くなっています。

それは、南に行くほど太陽の日差しが、強くなることに比例しています。

太陽からの紫外線は、夏場だけでなく、年中届いているので、いつも対策を、しておくことが、必要だとお話しましたが、とくに紫外線が、つよい時期としては、4月~9月ごろ迄が、挙げられます。

1年間に太陽から届いている紫外線が、照射される量の7割~8割が、この日差しの強い時期に集中しています。

次に時間帯でいうと、やはり、太陽光線の強さに正比例しているので、一番、日差しの強力な
正午から午後2時ごろにかけて一番紫外線が、つよいとされています。

この時間帯で夏は、1日の紫外線量の6割~7割以上を、占めていて、冬は、1日の7割もの放射量を、占めているとされています。

又曇りの日は、紫外線が、少無いから方策を、する必要が、なちと油断してしまいますが、違います。

曇りでも雲が、薄いときは、紫外線を、8割以上も通貨させるため日焼けしてしまいます。

又、水に入っていれば、紫外線が、あたらないから日焼けしないかというとそうでは、ありません。

水の場合水面反射が、あるため地上にいるよりも余計に強く紫外線を、浴びる可能性が、あるんですから、日焼け止めを、塗る等きちんと紫外線の対策を、して頂戴。

又冬だからといってあんしん出来ません。

冬場でも、紫外線は、届いているんです。

まして雪の場合は、水と同様に白い雪に反射して、紫外線量が、増加するため紫外線の対策を、しなければいけません。

日焼け止め化粧品

女性が、紫外線の対策を、するのに欠かせ無いグッズのひとつが、日焼け止め効果のある化粧品です。

現在日焼け止め方策用にUV効果のある基礎化粧品やファンデーション等多数セールされています。

日焼け止め化粧品のなかには、紫外線のUV-Aを、吸収するA波吸収剤やB波吸収剤が、入っているものが、あるんです。

これは、紫外線のエネルギーを、一度吸収して今度は、熱に化学変化させることで放出させるという仕組みです。

他には、金属の微粒子の合成物を、粉末状態にして、それを、肌に塗布することで、肌の上で紫外線を、散乱を起こさせたり、反射させたりして日焼け対策品として作られているものが、あるんです。

日焼け止め化粧品は、UV方策だけでは、なく、汗や水等への耐水性や脂方策も施しています。

そして肌につっぱり感や感想を、与え無いようにスキンケア成分にも活用感を、かんがえた成分を、活用ことによっています。

このような仕組みで日焼け止め化粧品は、紫外線を、カットして肌を、守っているのです。

日焼け止め化粧品を、購入するときは、化粧品に表示されている「SPF」とか「PA」にも注目して見比べるとよいです。

これらは、紫外線の防止効果を、表したものです。

SPFは、紫外線のUV-Bからのサンバーン防止効果を、表しています。

数値が、たかいほど紫外線カット効果が、たかいということです。

PAは、紫外線のUV-Aからの防止効果を、表しています。

+の数字が、おおいほど紫外線カット効果が、たかいということです。

毎日暮らしにおいて活用のか、マリンスポーツやアウトドア等屋外で活用のか等その用途に合わせて指数のたかいものを、チョイスとよいです。

肌への影響

必死になって紫外線の対策を、するのには、わけが、あるんです。

紫外線が、もたらす肌への影響は、具身体的にどんなものが、あるのか見ていきます。

先程お話したように肌に影響を、与える紫外線は、A波とB波に成ります。

A波は、肌の奥迄入り込んで、後から、ジワジワと肌の老化を、引き起こすもので、生活紫外線とも呼ばれています。

B波は、肌の表面に作用して赤く炎症を、起こしてしみやそばかす等を、引き起こすものでレジャー紫外線とも呼ばれています。

紫外線によってもたらされる肌への悪影響は、総合的にみて、シミやシワ、たるみ等の肌トラブルです。

日光を、浴びて肌が、浅黒く焼けるのは、紫外線を、浴びることによって、増えてしまったメラニンが、肌を、守ろうとして働くから黒く見えるのです。

そして徐々に日焼けした黒い肌は、角質細胞と共に剥が、れてきます。

もともと私たちの身体には、紫外線の対策昨日として紫外線を、防御するメラニン色素が、あるのです。

とはいえ、なが、らながい間紫外線を、浴び継続すると、肌の細胞が、傷ついてしまいます。

傷がついた体内の細胞は、メラニン色素を、ドンドン生成して、今度は、メラニンの排泄が、できなくするというトラブルが、起きてしまうのです。

こうするといつ迄たっても肌は、黒いま迄、これによってシミ等が、でき安い状態に陥ってしまいます。

紫外線を、ながく浴び続けると、皮膚の表層部にあるコラーゲン線維というものが、切れてしまう危険性も出てきます。

コラーゲン線維が、切れると、肌に弾力が、なくなり、今度は、シワやたるみが、できやすくなるのです。

紫外線の対策

紫外線による肌トラブルからたいせつ、たいせつな肌を、守る為にどんな方策を、とるべきなのでしょうか。

外出するときには、帽子を、かぶることは、モチロン、日傘を、活用する、あるいは、長袖シャツ等を、着て極力肌を、露出しないようにします。

紫外線の対策のポイントとしては、薄い色の服や帽子等よりも濃い色の服や帽子を、選んだ方が、よいです。

黒等色の濃い色の方が、紫外線を、よりおおくカットするからです。

帽子や日傘で空からの日差しによる紫外線の対策は、ばっちりですが、地面からの照り返しによる紫外線は、防ぎきれていません。

地面からの照り返し方策としては、日焼け止めクリーム等を、塗って肌を、守るしかありません。

一般セールされている日焼け止めクリーム等に表示してあるUVカット力を、点検して、目的に合わせた用途の日焼け止め剤を、購入しましょう。

日焼け止めの活用できるポイントとして、一日のうちでも定期的に塗りなおすことです。

時間が、経過するにつれて、汗をかいたり、洋服との摩擦でこすれたりして、日焼け止めがとれてしまうので日焼け止めの効果が、なくなってしまいます。

女性の場合には、日焼け止めの上からファンデーションを、塗ると日焼け対策度が、アップします。

髪の毛についても、素肌と同じで、紫外線の影響を、受けます。

髪の毛が、乾燥してパサついたり、ゴワついたり、キューティクルが、なくなったりします。

髪の毛の紫外線の対策としては、帽子を、かぶること、ヘアケア剤に紫外線防止効果が、入っているものを、活用等が、かんがえられます。

紫外線を、たくさんに浴びてほてった肌には、水や氷や濡れタオル等で肌を、冷やしてほてりが、おさまってからローション等でしっかりと水分補給を、して頂戴。

日焼け後ケア

紫外線の対策を、きちんと行っていても日差しが、強すぎた場合や、外に長時間いた場合等どうしても日焼けしてしまうときが、あるんです。

もしも日焼けしてしまったならば直ぐに肌ケアを、する必要が、あるんです。

もしもの場合の緊急ケア方策を、具身体的に紹介します。

マリンスポーツ等で全身に日焼けを、してしまった場合には、ツメタイシャワーを、浴びて冷やします。

部分的に日焼けを、した場合には、その部分を、氷や水等で冷やします。

とに角一刻も早くクールダウンさせることが、ポイントです。

冷やせばダメージを、最小限にしてイタミを、やわらげることも出来ます。

クールダウンした肌には、刺激の少無い化粧水等を、活用ことによって水分補給を、します。

しっかりと水分を、補給してあげて頂戴。

乾燥させたままにしておくとシワ等の原因に成ります。

水分補給した後には、ジェルやクリームを、塗って水分を、閉じ込めておくように保湿ケアします。

日焼けしてしばらくの間は、朝晩のお手入のときに活用化粧水に美白効果のあるものを、使いましょう。

紫外線によって沢山作られてしまったメラニンの生成を、おさえるはたらきが、美白成分には、含まれているからです。

日焼けによってもしも肌の皮が、むけてきたとしても、けっして自分自身でむか無いようにして頂戴。

自然に全てむけるのを、待つようにして頂戴。

服も肌に刺激を、与え無いようなやわらかい原材料のものを、選んで着るようにするとよいです。

紫外線の対策を、しっかりとしていればここ迄日焼けを、することは、まず無いとおもいますが、もしかの場合のケアノウハウを、知っておくこともたいせつ、たいせつなことです。

美白ケア

紫外線の対策と共にたいせつ、たいせつなのが、美白ケアです。

この2点を、確実に実行することが、重要な一番の美白ケアです。

紫外線の対策を、きちんと行ったら、次は、美白ケアです。

美白ケアのコツを、紹介します。

美白ケアの一番たいせつ、たいせつなポイントは、継続することです。

顔だけではなく、外部に露出していないボディも、しっかりと美白ケアすることが大切です。

ボディの場合には、顔と違って面積が、ひろいため毎日塗り継続するのは、たいへんです。

そこで毎日続けられるようなものを、選ばなければいけません。

ボディ一面に塗り安いように乳液型のものを、チョイスか、スプレー型のものを、チョイスか、負荷なく塗れることが、一番です。

美白ケアは、毎日すればよいというものでもありません。

効果的におこなうノウハウが、あるんです。

まず洗たく方ですが、あらうときは、必ずしっかりと泡立てて、手でやさしく洗たくます。

首や肩、背中等洗たくにくい場所のデコルテ等も丁寧に洗たくます。

やわらかいタオルを、活用ことによってあらうのもよいとおもいます。

次に角質ケアを、します。

美白ケアの成分を、じゅうぶんに肌に浸透させる為にも角質ケアは、必要です。

くすみが、綺麗にとれるクレンジング力のたかい製品を、選びます。

古い角質を、綺麗にとればその分沢山の成分が、浸透します。

最終的に美白成分を、塗ります。

日焼けし安い部分やデコルテ部分等には、しっかりと塗ります。

ローション等を、手のひらにとって一度手のひらで温めてから塗るのが、コツです。

この方が、肌に浸透しやすく成ります。

背中等塗りにくい場所には、スプレー型のものを、活用とよいです。

日焼け止めの塗るノウハウ

日焼けしない為に紫外線の対策として日焼け止めを、塗ります。

ただ塗ればよいわけでは、なく、絶対に焼か無い日焼け止めの塗るノウハウが、あるんです。

白い肌を、守る為に紫外線の対策を、万全におこ無いましょう。

紫外線のUV-B波を、防ぐ数値としてSPFを、参考にして日焼け止めクリームを、選びます。

毎日暮らしの場合には、SPF30迄のものでじゅうぶんですが、マリンスポーツを、したりアウトドアを、したりする場合には、数値のたかいものが、よいです。

個々目的のシーンに対応して選びます。

ただし、敏感な肌の人は、SPFが、低いものが、よいです。

たかいものを、チョイスと肌への負荷が、大きすぎて肌を、刺激してしまうからです。

絶対に焼か無いという日焼け止めの塗るノウハウのコツを、紹介します。

夏季の日焼け止めは、塗っても直ぐに汗等で崩れ安いです。

すこしでも崩れにくいように事前にしっかりとしたスキンケアを、行って保湿を、することが、たいせつ、たいせつです。

顔を、洗って化粧水を、塗ったら手でおすようにしてしっかりと肌に浸透させます。

その後、美容液等で保湿します。

次に日焼け止め効果が、含まれている化粧下地を、塗ります。

塗るときは、顔の中心部から、外側の方向に塗ります。

塗りのこさ無いように注意します。

日焼けし安い鼻や頬のたかい部分は、とくに念入りにします。

日焼け止めが、すこし乾いたら次にファンデーションを、つけます。

同じく顔の中心から外側に向けてつけていきます。

次に目の下や頬等を、手で押してメイク崩れを、防止します。

時間が、経って塗りなおすときは、ティッシュで最初に顔の余分な油分を、拭き取ります。

日焼け止めを、再度、塗布します。

ファンデーションの下まで浸透しやすい指先でクルクルとまわしながら塗り付けていきます。

その上からファンデーションを、塗ります。

目の下に何度も塗るとシワになるので重ねて塗布するのは、やめます。

日焼けの落とし穴

日焼けの大敵である紫外線は、空から降り注ぐだけでは、ありません。

散乱や反射することによって、地面からの照り返しや建物からの乱反射、照り返しなどで、地面からや横からも紫外線は、そそがれてきます。

木陰に入って日陰だから紫外線が、防げていると思ったら大まちがいです。

直射日光に比べてせいぜい50%程度しか紫外線を、カットできていません。

一番の紫外線の対策は、やは、り日焼け止めを、塗ることです。

これにプラスして帽子や日傘等のアイテムを、活用ことによって紫外線の対策を、強化するのです。

この反射してくる紫外線においても十分に対策して、日焼け止めを、塗る必要が、あるわけです。

ここが、日焼けの落とし穴です。

あごの下部分や耳の後ろ側、うなじ等地面からの照り返しを、思考すると今迄は、塗っていなかった部分にも日焼け止めを、塗ることが、必要なことが、わかります。

夏季は、通気性のよいUV方策されたカーディガンを、1枚持っていると紫外線の対策にも冷房方策にも便利です。

又紫外線は、運転中の車のなかにも注が、れています。

ガラスも容赦なく突き破ってきます。

車を、運転していると左右の腕の色が、日焼けで変わってしまいます。

近頃では、運転中に紫外線の対策で長てぶくろを、つけている人が、います。

車の中が、いくらエアコンで涼しくても紫外線は、容赦なく注が、れているのです。

自宅のなかにいるときもウインドウ際にテーブルが、あって長時間座っている等するとウインドウを、通して紫外線が照射されてきて日焼けします。

日光が差し込まない屋内にいても気をつけなければいけません。

これが、日焼けの落とし穴ということです。

シミとそばかす

一般に言われている「シミ」とは、老人性色素班と言われています。

目の下や頬のたかい部分の紫外線によくあたる部分や、些細な部分に出易いシミです。

シミの色は、茶から茶褐色で、もとからの正常な肌との境界が、クッキリとしているのが、特性です。

そばかすは、鼻の周辺に出来ます。

小さい斑点で色は、薄い褐色です。

これらのシミやそばかすの原因として最初に挙げられるのが、紫外線です。

肌が、紫外線を、浴びたとき肌の中の方にあるメラノWEBでは、防御反応でメラニン色素を、たくさんに創ります。

この為、紫外線によって、日焼けすると肌の表面が黒くなるのです。

普通は、黒くなっても角質となっては、が、れて新しく白い肌に戻るのですが、メラニンが、残ってしまうとこれが、シミに成ります。

そばかすの場合には、遺伝性のもので、紫外線のよって量が、増えたり色が、濃くなったりします。

このほかにもスキンケアが、不じゅうぶんだと残された汚れや水分の不足からシミやそばかすの原因となることが、あるんです。

とくに角質と共に日焼けした肌が、は、が、れるターンオーバーの低下にかんしては、肌環境に左右されます。

シミやソバカスを、防ぐ対策は、その最大の原因である紫外線の対策を、おこなうことです。

時期を、問わず一年中紫外線の対策を、おこなうことです。

季節ごとの紫外線量に合わせたUVグッズや自分自身の肌態勢にあわせたアイテムを、活用ようにして頂戴。

近頃は、UVケアが、いっしょにできる保湿力のたかい美白アイテムが、多数セールされていますからうまく活用するようにしましょう。

レジャーでの紫外線の対策

毎日暮らしにおいては、こまめに日焼け止めを、塗ったり帽子を、かぶったりと紫外線の対策を、きちんとしている人も、レジャーにでかけたときは、ついつい、外遊び夢中になり、日焼け止めがとれてしまった時に、塗りなおすことを、忘れたり、帽子を、かぶらなかったりと紫外線の対策を、怠ってしまうことが、あるんです。

夏のレジャーといえば海やプールや山です。

海やプールは、水からの照り返し方策が、必要です。

バッチリ日焼け止めクリームを、塗ったと思っても、日光の当たりにくい腕の内側や、横腹、足の甲等は、見落としがちです。

水着姿の場合は、露出している肌のところが、広いので塗り残しが、どうしてもできてしまいます。

海や水に入っている下半身は、だいじょうぶと決して油断しないで頂戴。

水のなかにも紫外線は、80%以上透過して入ってきます。

山にかんしても紫外線の対策を、しっかりとしなければいけません。

山や高原等は、避暑地というイメージが、あり、木陰に入れば涼しいのでつい方策を、おろそかにしがちです。

とはいえ、山等は、たかい場所にあるんです。

つまり空や雲に近辺、より至近距離で紫外線を、浴びるということなのです。

空気も澄んでいるため紫外線もよく到達します。

海でもプールでも山でも、毎日暮らしよりは、断然紫外線を、浴びるタイミングが、おおくなります。

日焼け止めを、一日に一回だけ塗るのでは、なく、定期的に塗りなおすこと、塗りのこしの部分が、無いようにすること、日差しが、弱くても帽子を、かぶること等紫外線の対策を、決して怠ら無いようにして頂戴。

遊びに夢中でうっかり日焼けを、してしまったなんてことが、無いようにじゅうぶん注意を、払って下さい。

7 dummydummy dummy dummy