日焼け防止には、食品添加物は避けよう

日焼け防止に,は、食品添加物は避けよう 日焼けと食品の関係

「日焼けをしないように、こまめにクリームを塗っているけど、なぜかこれといって効果がかんじられない。。。」

「日差しの強い夏本番に、日焼けを思いっきりしてしまって、肌を見せるのが恥ずかしいし。。」

等、日焼けで頭を悩ませている方はいませんか?

美しい女性である為に、白い美肌を保つことは必須ですよね。

睡眠時間を確実に確保するのはもちろん、紫外線対策を行っっているはずですよね。

でも、なぜか日焼けしてしまうことってあります。

そこで今回は、日焼けになってしまう原因や、その治りを妨害するものを紹介します

日焼けの予防にならない「食品添加物」

 

日焼けの原因になったり、日焼けの治りを妨害するもの、それは「食品添加物」なんです。

今やあまりにも一般的な成分ですから、あなたも知らずに毎日摂取しているのでは、ないでしょうか。

食品添加物は、老化を促進させるとして有名です。

でも実は、これだけでは、ありません。

シミの元メラニンを作る食品添加物

食品添加物は、肌の新陳代謝を妨げたり、シミをつくる元であるメラニンを多く生成するのです!

いやいや、かんがえただけでも恐ろしいですよね。

食品添加物は、スーパーやコンビニなど、至るところのお惣菜で活用されています

食事を作るのが面倒な時は、ついつい買ってしまいがちですが、それが日焼けの原因になっているのですね。

完璧に避けることは出来なくても、極力自炊をおこなうようにして、食品添加物の摂取を控えるようにしたいものです。

間違っても、カップラーメンや菓子パン等の加工品ばかりで、食事を済ませないでくださいね。

 

怖い防腐剤のはたらき

怖い防腐剤の働き

さらにもう一つ、日焼けを促進したり、日焼けの後の治りをおそくしてまうもので気をつけたいものがあります。

しっかりと紫外線対策を、行っていても、なんだか日焼けしているみたい。。

という方は、一度見直してみませんか?

食品添加物には多彩な種類が、あります。

その中でも危険なのが、「防腐剤」です。

主にインスタントラーメンや冷凍食品、ファストフードに含まれています

一般的な食品なので、どれだけ日ごろ摂取しているかは分かりにくいものです。

ひんぱんにインスタントラーメンや冷凍食品を、ファーストフードを食べる方は、どれほ何処まめに日焼け止めクリームを塗っていたとしても、効果が得られにくいです。

日焼けしやすくなる上、シミも生成しやすくなる防腐剤は、極力摂取しないようにしてくださいね。

 

日焼けに効果的な成分

日焼けに効果的な成分

さて食品添加物全般と、添加物を避けた方がよいというお話をしました。

じゃあ、積極的に日焼け予防になるものはないのか、気になりますよね。

日焼けをすると中々治らないものですが、効果的な成分を摂取していると、治す期間を早めることが出来るんです。

その効果的な成分を紹介します。

日焼けの治りをすすめる成分

その効果的な成分とは、以下のの四つです。

  • 「ビタミンC」
  • 「ビタミンE」
  • 「ビタミンA」
  • 「リコピン」

どれもよく耳にする、代表的な栄養素ですね。

ビタミンCの働き

美肌に良いといえば、やっぱりビタミンCが欠かせません。

ビタミンCのよいところは、シミのもともとの原因であるメラニンと言う物質の生成を、抑えてくれます。

そのためビタミンCをたっぷりととっていると、白い肌になりやすいです。

ビタミンEの働き

ビタミンEは、全身の毛細血管を広げて血液の流れを良くするはたらきがあります。

そのため、肌の新陳代謝が活性化し、肌の入れ替わりが早くなります

ダメージをうけた肌を、素早く復活させてくれます。

ビタミンCと共に摂りいれると、相乗効果を狙えますよ。

ビタミンAの働き

ビタミンAは、肌だけでなく、肌や髪にも良い成分です。

女性は、積極的に摂取しましょう。

リコピンの働き

リコピンは、メラニンの生成を抑えてくれる抗酸化力が強いです。

なんとビタミンEの100倍もあるんです。

リコピンはトマトに多く含まれていますよ。

コメント

7 dummydummy dummy dummy