肌を再生するビタミンAの効果・とる目安量

肌を再生するビタミンAの効果・とる目安量 日焼けと食品の関係

「みんなとバーベキューをする約束をしているけど、どうしても紫外線が、気にかって。。。」

「ガッツリと黒く肌が日焼けしてしまって。。外にでるのが億劫。。。

と、日焼けで頭を悩ませている方は、いませんか?

日焼けをしても、これといって良い事は、ありませんよね。

肌は黒くなってひりひりするし、メラニンでシミは出来るしと散々です。

こんな事態は意地でも避たい!

という女性は、多彩な紫外線対策をして夏を、乗り切っています

日焼け対策、内からのアプローチって?

だけれど、どれほど気をつけていたとしても、知らない間に油断をして肌が日焼けしてしまう時もあるでしょう。

そのような時は、落ち込む前に対処するのが先決です

外部かららアプローチをするのは勿論のこと。

内側からも、早く日焼けがなおるようにはたらきかける必要が、あるんです。

栄養素を摂取して肌再生を

内側からどのようにしてしてしてはたらきかけるかと言うと。。。

肌に良い栄養を、摂りいれるのです!

たったこれだけです。

ビタミンEやビタミンC等摂取して欲しい栄養素は、沢山あります。

その中でも「ビタミンA」は、特にたいせつ

肌の再生を、助けてくれます

ビタミンA摂取量の目安

そのようなビタミンAの1日の目安量としては、「600μg」

取らなすぎても効果は期待出来ませんし、かといって過剰摂取もいけません。

いくら美容に良いからと言って、何粒もサプリメントを服用したりすると、頭痛や吐き気、食欲不振といった症状を引き起こします。

又、人によっては、胎児に影響を及ぼすケースがあるので、妊娠初期・妊娠前の女性は、注意しましょう。

 

お肌のためには抹茶が、効果的?

お肌のためには抹茶が効果的

あなたは、1日のなかで、もっとも口にする飲料は、なんですか?

「運動をしているから、栄養補給も兼ねてスポーツドリンクを、飲んでいる」

「自宅にいる時は、おやつにあう紅茶やコーヒーをいれている」

等、それぞれお気に入りの飲み物が、あるでしょう。

現在水分補給は水かお茶

近頃は、健康志向の高まりから、果汁飲料や炭酸飲料は避けられる傾向にあるんです。

水分の補給には、水かお茶が一般化してきているようですね

確かに水分の補給だけが目的なら、水で充分です。

ですが美容の効果を欲しいのなら、水だけでは足りません。

おススメは、抹茶です

麦茶、ウーロン茶といったものと違って、あまり馴染みがないかもしれませんね。

スーパー等でも粉末型の抹茶が売られています

今では比較的、入手しやすくなっています。

抹茶で得られる栄養素

では、どうして抹茶が、美容に効果的なのかと言うと、

  • 「ビタミンA」
  • 「ビタミンC」
  • 「ビタミンE」

の栄養素を、豊富に含んでいるからです。

実はこれらのビタミンは、どれも肌に良いとされる栄養素ばかり

それぞれ栄養素の働き

  • ビタミンCは、メラニンの生成を、抑えてくれます
  • ビタミンAとビタミンEは、肌を新しく再生する働きがあります

その為、抹茶を日頃飲むことは、日焼け対策にもピッタリです。

万が一日焼けをしてしまった時でも、抹茶を飲むようにすれば、みるみる肌の状態がもと通りになるといいますよ。

これら3つの種類のビタミンを、食事から取りいれるのは困難でしょう。

そのため、抹茶等で補うのが、一番てがるといえます。

これからドンドン暑くなる夏の季節、抹茶を飲んで白いスベスベの肌を、キープしましょう!

 

ビタミンAを、効率よく摂りいれるには、

ビタミンAを効率的に取り入れるためには

女性なら誰もが、理想としたい肌ってイメージありますね?

「みずみずしくて、きめ細かいモッチリ肌」

「女優さんのような、毛穴の目立たない白い肌」

等、みなそれぞれの目標や理想の肌のって違うとはおもいます。

だけれど、共通していえる事は、「肌が白い」ことなのでは、ないでしょうか?

どれほどきめ細かな綺麗な肌であっても、真っ黒の肌に肌が日焼けしていたら美しくないとおもいます。

美しいとおもえるようになる為には、白いことが第一要素です。

では、肌を、白くさせるには、どうしたら良いのでしょうか。

肌を白くする方法

肌を白くするには、そもそも紫外線対策をすることは、勿論です。

ですがそれだけでは、本当のところきれいな白い肌にはなりません。

紫外線対策という外部かららのアプローチだけでなく、必要な栄養素を、内側から摂りいれることもたいせつなんです。

肌に必要とされる栄養素のうち、積極的にとって欲しいのが「ビタミンA」。

ビタミンAをしっかりととっていると、日焼けした肌も、みるみる元通りに復活していきます。

それほど迄に効果は、絶大なんですが、効率よく摂りいれるには、ある調理法で料理しなければいけません。

ビタミンAを効率的に摂取する料理法

その調理法とは、「炒め物」です。

炒め物には、油を使います。

ビタミンAは、油に溶ける脂溶性ビタミンの為、油を使った料理の方が、吸収されやすいのです。

勿論、油分がいいからということで、揚げ物ばかりではニキビの原因になるので注意しましょう。

人参やほうれん草を食べる際は、少量の油を使って炒め物で、美味しく頂いてくださいね。

 

ビタミンAが、含まれる食品

紫外線対策として、あなたは何を行っていますか?

「こまめに日焼け止めクリームを、塗るようにしている」

「多少暑くても、肌の露出の少ない服装で出掛けている」

等、様々な対策をして、お出かけしているとおもいます。

紫外線は、女性の大敵とも呼べる存在ですね。

でも、つい油断して肌が日焼けしてしまう時ってありますね。

そんなときに、とくに費用をかけずにできる、アフターケアがあります。

誰でも出来る、実にかんたんでシンプルな内容なんですよ、それは、

「ビタミンA」を食事で積極的に摂りいれること。

ビタミンAを多く含む食品

ビタミンAには、肌の再生を、助けてくれるはたらきがあるので、しっかりと摂りいれることにより、日焼けした肌の復活を手助けしてくれます

そんなビタミンAが、含まれる食品をあげていきます。

  • 「人参」
  • 「鶏肉・豚肉・牛肉のレバー」
  • 「アンコウ・うなぎの肝」
  • 「春菊」
  • 「大根葉」
  • 「ほうれん草」
  • このほかにも沢山あるんです。

人参やほうれん草なんかは、常食しやすいのでおススメです。

常備菜として使えば、ムリすることなく食卓に取りいれることが出来るんです。

日焼けをした時は、是非ビタミンAを、意識してみてくださいね

 

ビタミンAの効果

肌に良い栄養の中でとくに取ってほしいのが、「ビタミンA」とおつたえしました。

もうご存じかも。

ビタミンAは、別名「レチノール」とも呼ばれています。

肌や目、髪、粘膜の再生に役に立つ栄養素です。

日焼けした肌は勿論のこと、シミやソバカスにも効果的なのです。

女性ならば毎日適量をに摂取したい栄養素の1つです。

美肌への近道に成りますから忘れないでくださいね。

意識してビタミンAをとると日焼けの治りが早い

ビタミンAは、意識しないとしっかり量を摂取出来ません。

毎食1品は、ビタミンAの入った食品材を活用して、調理も工夫してとってください。

すこしの意識で、沢山日焼けの治りが、変わってきますよ。

コメント

7 dummydummy dummy dummy