日焼けとビタミンCの効果・必要な量は?多く含む食品は?

日焼けとビタミンCの効果・必要な量は?多く含む食品は? 日焼けと食品の関係

女性であれば誰しもが、白くて美しい素肌に憧れますね。

極力、日焼けはしないように、紫外線の対策をしていることでしょう。

それでも、日焼けをしてしまう時はあるんですね。

すこしした油断で、日焼けしてしまう肌は、大きなダメージを受けています

日焼けしてしまったら仕方がないですから、もとに戻すために治すことを考えましょう。

勿論、外部かららのアプローチもたいせつですが、もっとたいせつなのは、肌に良い栄養を取ること

ビタミンCの優れた点

くに積極的に摂取して欲しい栄養素が、「ビタミンC」です

肌に良いと言われておもい浮かぶ、代表的な成分ですよね。

なぜこのビタミンCが、肌に良いと言われているのかと言うと、シミの原因となるメラニンの生成を、抑えてくれるから。

シミ予防となるため、いつも肌を白く保つことが出来るというわけです。

又、アトピーで肌に発疹が、できてしまった時にもビタミンCは、効果的。

とに角、肌トラブル全般に効く魔法のような栄養素なんです。

ビタミンCは、すこし多目に摂取しても問題はおこりません

だから食事からだけでなく、サプリメントで毎日的に摂取しても良いでしょう。

 

ビタミンCの目安量

夏には、花火大会やお祭り、バーベキュー等、アウトドアな楽しい行事が、あって楽しみですね。

一方で気になるのが、「紫外線」だとおもいます。

紫外線による肌のダメージで、シミは出来るし日焼けはするし、散々ですよね。

美肌をキープしたい女性ならば、なんとか防ぎたいものでしょう。

日焼け予防をすると同時に大切なのが、ビタミンCの摂取といいました。

ビタミンC摂取は一日にどれくらい?

ビタミンCは、メラニンの生成を抑えてくれるはたらきがあるため、シミを防いで白い肌を、保ってくれます。

ビタミンCの目安量としては、1日「1000mg」以上が、理想的

沢山の量なので、食品からだけでなく、サプリメントから摂りいれると良いでしょう。

ビタミンCの欠点はひとつ

又、ビタミンCは水溶性ビタミンですから、すぐに体外へ排出されてしまうのが難点です。

ビタミンCの効果を持続させる為に、少量をこまめに摂りいれるように心がけてください。

もし肌が日焼けしてしまっても焦らず、ビタミンCを、取って賢く対処しましょう。

 

ビタミンCがおおい食品

ビタミンCを多く含む食品

事前に日焼け止めの対策をしていることと思います。

そうした外からのアプローチをするとともに、ビタミンCをたっぷり摂取するとよいというお話をしました。

肌の再生を助けるビタミンCをとるにあたり、多く含む食品をあげていきます。

ビタミンCを多く含む食品は

このビタミンCは、一般的な食品にしっかりと含まれています。

フルーツでいうと、レモンやいちご、オレンジ、キウイ等。

野菜では、カリフラワーやピーマン、ブロッコリーが、あげられます。

ただ、ビタミンCは、熱に軟弱のが難点。

その為とくにおススメなのが、「じゃが、いも」と「さつまいも」です。

これらのイモ類は、ビタミンCが豊富な上に、デンプンによって熱による損失があまりありません。

加熱しても、しっかりとビタミンCを、食べることが出来るんです。

日頃から意識してビタミンCのおおい食品を取り入れれるようにしましょう。

そうすれば、短期間で美肌を創れますよ。

コメント

7 dummydummy dummy dummy