日焼けに良くない四つの食品(成分)をしって美白に

日焼けに良くない四つの食品(成分)をしって美白に 日焼けと食品の関係

「来週海へ行く予定があるけど、おもい切っり肌が日焼けしてしまったんで水着を着るのが、ハズカシイ」

「しっかりと日焼け対策をしているはずなのに、なぜか焼けてしまう」

等、日焼けで頭を悩ませている方は、ずいぶんいるのではないでしょうか?

日焼けの元となる紫外線は、女性の大敵です。

いくつもの日焼け対策をしていても、紫外線の影響は強いです。

これでもかっていうほど対策をしていても日焼けしてしまうという人。

もしかしたら、日焼けに良くない成分を摂取しているからかも知れませんよ。

そこで今回は、紫外線の強い夏の季節には、絶対に摂取を避けて欲しい、四つの成分をご紹介しましょう。

日焼けしないために避けたい四つの食品(成分)

それは、

  • 「ソラレン」
  • 「アルコール」
  • 「薬の副作用」
  • 「食品添加物」

です。

「ソラレン」は、野菜と果物等に含まれていて、キュウリやミカンが代表的です。

光毒性があるため、朝にフルーツを食べる習慣がある方は、バナナ等にチェンジしましょう。

アルコールは、血行を促進するため、日焼けの炎症を悪くする原因になります。

薬の副作用は、全員に当てはまるとはいえませんが、日光アレルギーを引き起こす人がいます

食品添加物は、活性酸素を創り出してしまうので、出来る限り自炊をして避けてください。

何らかの薬を服用している場合には、肌の日焼け止めを、頻繁に塗ったり、日傘をしっかりとさしたりして、日光を浴びないようにしましょう。

これらの食品(成分)を意識すれば、早めに日焼けの症状を治すことが、出来るんですよ。

 

ソラレンを、避けよう

ソラレンを避けよう、柑橘系のくだもの

日焼け対策として避けたいものの一つ、「ソラレン」について詳しく知っておきましょう。

近頃はテレビでも目にすることの多い言葉なので、あなたも1度は、耳にしたことがあるのでは?

なぜこのソラレンがワルイのかと言うと、「光毒性」があるから

「ソラレン」を沢山に摂取した後に紫外線を浴びてしまうと、どれほど日焼け対策をしていても、シミが出来る原因になります

この成分が含まれる食品は、野菜と果物が中心なんです。

柑橘系のフルーツやいちじく、キュウリ、セロリなんかにしっかり含まれています。

どれも美容によさそうな食品ばかりですが、夏には大敵になるので気をつけましょう。

紫外線を浴びてしまった場合に、悪者となってしまうので、これらを摂取しても出掛けなければOKです。

朝のフルーツは美容やダイエットに良いと言われていますが、紫外線の強い季節は別です。

朝はバナナやりんご等、ソラレンの含まれない食品を食べるようにしてくださいね。

 

アルコールは、美肌の大敵

アルコールは美肌の大敵

あなたは、お酒がすきですか?

「仕事終わりの1杯は、絶対に外せない!」

「ストレスが溜まると、ヤケになって、どうしてもお酒が飲みたくなってしまう」

等、日ごろ飲んでいる方は、すごくおおいのではないでしょうか。

アルコールをのむと、ふわふわと心地良い気分になり、嫌なことも忘れ去りますよね。

その為中毒性があるのですが、実は美肌の大敵だったんです。

スベスベの白い肌を、目標とする女性は、出来る限り避けるべき食品なんです。

では、どうしてアルコールが、肌に良くないのか説明していきましょう。

アルコールが肌によくない理由

アルコールには、血管を広げて血行を促進する作用があります。

血流が良くなるので、一見健康によいんじゃないかと思えますよね。

だけれど、これが、実は逆です。

日焼けによる炎症を、悪化させる重要な原因となるのです

バーベキューやキャンプなどは、夏の定番で、必ずと言って良いほどアルコールがセットでついてきます。

ですが、これは肌にとって最悪なこと。

日焼けし安いカラダで、ずっと強い紫外線を、浴びることになります。

「でも、日焼け止めクリームを塗って紫外線対策しているからだいじょうぶでしょ」とおもうかも知れませんが、そうではありません。

どれほどまめに日焼け止めを、塗っていても、アルコールを摂取していてはいみが無いのです。

外で飲むお酒は、確かに美味しいですが、日焼けした後のことをかんがえれば辛抱出来るはず。

夏でも白い美肌を保つ為にも、屋外でのアルコールは、ぐっと堪えて別の飲み物を、飲むようにして乗り切りましょう。

コメント

7 dummydummy dummy dummy