紫外線からシミやソバカスを防ごう・日焼け後のアフターケア

紫外線からシミやソバカスを防ごう・日焼け後のアフターケア 日焼けのアフターケア

あなたは現在のお肌の状態に、どれほど満足していますか?

「若い頃と比べると、皮膚がたるんできてしまった…」

「もっとハリのある、ミズミズしい肌でありたい…」

などなど、何処かしらに不満を感じている方が、圧倒的におおいとおもいます。

モデルさんのような皮膚を、目指して色々と努力をするものの、中々効果は目に見えて現れませんよね。

肌のトラブルを悪化させる夏の紫外線

とくに、暑い夏の時期は、要注意です。

紫外線がもっともおおく降り注ぐ季節なので、しっかりとケアしてあげないと取り返しのつかないことになります。

シミ・ソバカスの肌トラブルの元は紫外線

シワやたるみ、吹き出物等、皮膚トラブルのなやみは、人それぞれです。

その中でもたくさんあるのが、「シミ」と「ソバカス」です。

これらは、ほとんどが、紫外線によって引き起こされるものです。

ですからとにかく、日差しに気をつけなければいけません

若いから関係ないではすまされないよ

「まだまだ若いし、まだシミなんて出てこないでしょ」とUVケアを、何もせずに外出する若者もいますね。

でも、それは相当危険です。

シミ、ソバカスは、若い頃からの蓄積により、徐々に現れてくるのです!

いつか確実に出てきます!

小麦色のお肌に憧れて、長時間日差しにさらされているなんて、とんでもないことなのです。

シミ・ソバカスを防ぐために

シミやソバカスを防ぐ為には、アフターケアをしてあげることが、重要です。

何もせずにほったらかしにしているよりも、かなりの予防効果があるんです。

花火大会やバーベキュー等、夏の催しを心から楽しむ為にも、しっかりとアフターケアをして

綺麗な皮膚を、キープしていたいですね。

ほんのひと手間で、未来のあなたのお肌の様子が、大きく変わってきますよ。

 

日焼けのアフターケアが重要な理由

 

日焼け後のアフターケアが重要な理由

「来週に友達とバーベキューに行く予定がある」

「夏休みで久しぶりに家族全員がお休み。だから、何処か旅行に行くつもり」

などなど、お休みを活用して色々と遊びの計画を立てている方は、おおいのではないでしょうか?

夏は、四季のなかでもとくにアウトドアな催しがおおいですね。

さらには、夏休みも重なるため、街もいつもとは違う雰囲気に包まれます。

このタイミングに、普段は出来ないことを、実行する方も沢山いるでしょう。

だけど、浮かれてばかりではいられません。

紫外線にじゅうぶんに気を使わないことには、折角の綺麗な皮膚が一気に台無しとなってしまうのです

それでも、どんなに気をつけていても日焼けを、するときはあるものです。

その場合には、とにかく、アフターケアが重要です。

アフターケアが重要な理由

日焼け後のアフターケアが重要な理由は、主に三つほどあげられます。

一つ目は、乾燥肌を防ぐため。

日焼け後の皮膚って、いつ迄たっても熱が、こもりますよね。

日焼けは、かなり危険な皮膚状態で、カラダ内の水分を蒸発させています

その為、長くほったらかしにすると皮膚が、乾燥してしまうのです。

二つ目は、痛みを治すため。

日焼けは、火傷と同じで、少なからず皮膚の表面が、傷ついています。

痛いままだと、どうしても暮らしに支障が出てしまいます。

アフターケアをして、痛みを早急に治すことが重要です。

三つ目は、皮膚の老化を防ぐため。

日焼けの原因である紫外線は、コラーゲンを壊して、シワやたるみを引き起こしたり、メラニン色素によってシミやソバカスを、生成させます

ダメージの蓄積により徐々に現れてくるので、アフターケアですこしでも軽減させなければいけません。

このように、日焼けは、想像以上に皮膚に大きな影響を、及ぼすものなのです。

 

日焼けしたら皮膚を冷やそう

日焼けしたら皮膚を冷やそう

あなたは、日焼けをしてしまった時、何かしらのケアを行っていますか?

「日焼けなんて放っておけば勝手になおるでしょ」

「毎回いつの間にか治っているから、特別な事は何もしていない」

で済ませていますか?

おそらく殆どの方が、しっかりとアフターケアを行っていないとおもいます。

だけど、それって実はすごく危険なことです。

日焼けした肌を、ほったらかしにした時の代償は、おおきいです。

ほったらかした肌は老化をすすめる

日焼けした肌を放置しておくとどうなるか、

  • ひりひりとしたイタミが長引く
  • シミやソバカスを増加させる
  • 皮膚の老化を促進させる

といった、悪い作用が続きます。

これらの症状は、全てアフターケアを、どうするかで、影響が大きく変わってきます。

面倒でも必ずおこなうようにしましょう。

日焼け後のアフターケアの方法

では、アフターケアは、どんなことをすればよいのでしょうか。

もっともかんたんなのが、「皮膚をとにかく冷やすこと」です。

「そんなかんたんなことでよいの?」とおもうでしょうが、それだけでもかなりの効果が、期待出来ます。

日焼けした皮膚は、熱がいつまでもこもります。

熱を持っている状態は、想像以上に危険です。

兎にも角にも熱を、逃がすことが肝心なのです。

クリームを塗ったりする前に、まずは必ず皮膚の熱をのがしてあげましょう

肌の熱を逃す、冷ます方法

肌の熱をさます方法としては、プールや水風呂に入るといった方法もあります。

でもそれでは、体を冷やすことにもなるため、あまりおススメ出来ません。

ベストは、濡れたタオルを冷やしたものを、日焼けした箇所に当てること

タオルはじきに熱を吸収してぬるくなりますが、肌の熱には効果てきめんです。

無駄に体内温度を奪われて冷えることもなく、程よいヒンヤリ感で心地よいですよ

 

正しい皮膚の冷やし方

誰もが憧れるような、美しい女性になる為に欠かせないのが「美肌」です。

どんなにトレンドを、取り入れたコーディネートをしていて、顔もスタイルも良かったとしても、皮膚がボロボロのだったら憧れませんよね。

「もうすこし気をつかっていれば素敵だったのに、もったいない、残念だなぁ…」となりますね。

それだけ、皮膚と言うのは、その人の印象を大きく左右するものです。

ですが、どんなにケアをしても、あまり変化が見られないのも事実。

皮膚はすごく敏感です。

すこしダメージをうけるだけで、これ迄の努力が台無しになることだってあります。

日焼け後のダメージをさけるために、必ずしたいのが冷やすこと。

体全体が日焼けしたら

しっかりとアフターケアをしてあげれば、肌のダメージを防ぐことが出来ます。

え?めんどくさいって?

そんなことは、ありません。

もし全身に日焼けをしたら、水風呂に浸かるのがおススメです。

ただ、浸かりすぎは、体内温度を下げすぎますので、長時間は避けてください

保冷剤利用の注意

ほてった患部を、濡らしたタオルを当てて冷やすのが一番よいと先にいいました。

中には、急いで冷やすため「保冷剤」を利用する人がいます。

ですがそれは、皮膚の機能を低下させたり、皮膚の再生力を低下させたりするころがあるので、やめた方がよいです。

あまりに肌が熱く急いで冷やしたいときでも、保冷剤は必ずタオルで巻いてから当てるようにしましょう。

コメント

7 dummydummy dummy dummy