日焼け対策で保湿ケアは必須です

日焼け後は美白化粧品はさけよう 日焼けのアフターケア

あなたは、今年の夏にどんな予定を、立てていますか?

「友達とみんなで花火大会に行こうと誘われている」

「久しぶりに会う同級生と、バーベキューやキャンプをするつもり」

など、きっとワクワクするような催しが、あるのではないでしょうか。

夏は、四季のなかでもとくに羽を伸ばせる楽しい季節。

色々なアウトドアの催しが開催される他、なんといっても夏休みがウレシイですよね。

七月から何をしようかと計画を、立てていたかとおもいます。

だけど楽しい気分ばかりでは、いられません。

日焼けはよいことは一つもない

よいことだらけのようにおもえる夏ですが、モチロン欠点もあるんです。

それは、「紫外線」

夏の屋外ではつよい紫外線が降り注ぐため、外出をするには、かなりの注意が必要です。

日焼けをしても、よいことって何もありませんよね。

日焼けはシミの元

皮膚はこんがり焼けてしまいますし、しばらく皮膚の痛みも続きます。

人によっては、シミができてしまうケースも…。

これらを避ける為に、入念に紫外線対策をしなくてはなりません。

ちゃんと紫外線対策をしていたとしても、それでも日焼けをする時はあるんです。

そんな時は、早急にアフターケアをしましょう

日焼けしてしまったときのケア

アフターケアでは何が一番たいせつか、

それは「保湿ケア」が欠かせません。

日焼けした皮膚は、熱を蓄えているので、乾燥しやすいのが特性です。

ほったらかしにすれば、確実に乾燥肌を招きます

さらには、肌が敏感になるため、最悪炎症が悪化する場合もあります。

そうなってしまってからでは、取り返しがつかないので、必ず保湿ケアをして潤いを与えてください。

保湿ケアをすると、じきににひりひりとした炎症が、治まってくるはずです。

 

日焼けのための保湿ケアのやり方

日焼けのための保湿ケアのやり方

髪やダイエット等、とにかく美容面に気を使わなければならない女性達。

だれもが「あの人みたいになりたい!」と言う理想像が、あるのではないでしょうか。

ノンシリコンのシャンプーを使ったり、野菜中心のヘルシーな食生活にしたりと努力をしているかとおもいます。

美容面で気を使うという中でも、たいへんなのが、綺麗な「皮膚」の態勢をキープすることでしょう。

皮膚は、非常に繊細なため、日頃からケアをしていたとしても、すこしダメージをうけるだけで台なしになってしまいます。

「たかいコストを、出してキープしてたのに…」と心が、折れてしまいそうになります。

とくに、日焼けには要注意です。

つよい紫外線が、メラニン色素を生成させたり、皮膚のハリを支持するコラーゲンを、破壊したりします。

そんな時は、正しく保湿をして、アフターケアをしてあげるのが重要です。

日焼けした皮膚に保湿は欠かせないのですが、間違ったやり方をすると逆効果に。

保湿ケアのやり方おすすめ方法

自分自身の皮膚の状態に合わせてケアするのが、ポイントです。

まず、どんな肌質でも、保湿はこまめにおこなうこと。

基本的に化粧水だけでじゅうぶんなのですが、あまりに肌の状態が酷い場合には、控えましよう。

日焼けの痛みや赤みを悪化させる成分に注意

化粧水の成分によって、痛みが悪化する恐れがあるんです。

又、中には保湿成分の配合された軟膏を、活用する方もいるでしょう。

ですがが、なんこうの使用にあたっては、必ず購入先で相談してください。

品物によって「ステロイド」と呼ばれる成分が、配合されていることがあり、日焼けがより酷くなる原因になることがあります。

自己判断で購入しないようにしましょう。

コメント

7 dummydummy dummy dummy