日焼け対策では、こまめに水分補給をしよう

日焼け対策では、こまめに水分補給をしよう 日焼けのアフターケア

気温がぐんぐんと上昇し、食欲が自ずとへってしまう夏の季節。

固形物は、喉を通らなくても、そのぶん水分をいつもより欲しますよね。

ただ外に出ているだけで汗が流れるため、意識して水分補給をしないと、脱水症状になってしまいます

中には、食欲もいつも通りで、そこ迄喉も乾かないという方もいるでしょう。

そういう方も、こまめに水分補給は、するようにしましょう。

水分補給が重要なわけ

実は、水分補給というのは、ただ喉を潤すだけではありません。

皮膚の状態を良くしてくれる、女性にウレシイ効果も期待出来るのです。

とくに、日焼けした後は、水分補給が重要。

皮膚を、冷やして保湿ケアをして。。。と外側からのアフターケアで満足しがちですが、本当の気持ちそれだけでは、あまりいみがありません。

日焼けしたボロボロの皮膚では、上からどんなにケアをしても成分が吸収されないのです。

その為、皮膚の状態をよい状態に戻す為に水分補給は、欠かせません

カラダの約60%以上は水分で出来ているので、皮膚が乾燥するのは水分不足の証拠です。

夏の季節だけでなく、1年を通してしっかり水分補給を、するようにしましょう。

水分補給の注意点

ここで注意すべき点は、がぶ飲みをしないことです。

「沢山飲んだ方が、よいんだ!」とおもい、1度にゴクゴクと飲んでしまいがちです。

でも人間のカラダは、たくさんの水分を溜められません。

蓄えられる限界の量があり、それ以上は体外に排出されてしまいます。

効率よく水分を皮膚にまわす為に、こまめに摂取するのが重要です。

おおくても、一回の摂取は200cc以内に留めましょう。

それに合わせて保湿ケアをおこなえば、かなりの効果が期待出来ますよ。

 

日焼け対策では、熱を逃がそう

日焼け対策では熱を逃がそう

日に日に暑さが、増すこの季節。

どうしても気になってしまうのが、「日焼け」ですよね。

海水浴やバーベキュー、キャンプ等、アウトドアでの遊びが、楽しいですが、それにはつよい日差しを浴びることが、避けられません。

とくに女性は、とに角日焼けを、気にしているのではないでしょうか。

皮膚は、こんがりと焼けてしまうし、場合によってはシミも出来てしまう、女性にとって恐ろしすぎるものですよね。

予防しても日焼けすることがある

日焼け止めクリームを、塗ったり、日傘を、さしたり。

色々とUVケアをされているかとおもいます。

が、それでも焼けてしまう時は、あるんです!

日焼けをしてしまったら、すぐさまアフターケアをしましょう。

ここでどんなケアをしてあげるかで、皮膚の状態が大きく変わってくるのです。

日焼けは火傷(やけど)だから熱をにがそう

アフターケアが重要な理由の一つに、「熱を逃がすこと」があげられます。

日焼けした後の皮膚って、いつ迄も熱がこもっているかんじが、しませんか?

実は、それって、すごく危険な現象なのです。

日焼けは、まさに火傷と同じ

体に蓄えられた熱が、水分を飛ばして、乾燥した皮膚にさせてしまいます

最悪のケースでは、火傷の範囲が広くなってしまうことも

日焼けは、とくに何もせずにほったらかしにしている方が、おおく見られますが、これは、ほんとうに危険です。

とくに女性は、徹底したアフターケアを、してあげるようにしましょう。

万が一日焼けした時でも、美しい皮膚をキープする為に、これからは、しっかりと自分自身の皮膚を、労わってあげてくださいね。

それだけで、治りがか可なり違ってきますよ。

 

日焼けのアフターケアでひりひりを治そう

あなたは、今年の夏、何処かへお出かけしたり、遊びに行ったりする予定がありますか?

又、既に夏祭りや花火大会に出掛けたと言う方もおおいのでは、ないでしょうか。

夏は、四季のなかでも天気が良く、もっとも沢山の催しが開催される季節ですね。

長期休暇である夏休みがあったりと、街全体がうかれた雰囲気に包まれますよね。

だけど、浮かれてばかりではいたい目にあってしまいます。

春から夏は、一年で一番紫外線が強いのです。

ですからしっかりUVケアをしてから外出しないと、取り返しのつかないことになりかねません

日焼けになった後の肌の様子は、赤くなってヒリヒリしてきます。

おふろに入っている時なんかは、かなりの痛みに襲われますよね。

このひりひりを治す為には、アフターケアが欠かせません。

日焼け後のヒリヒリ、敏感肌の人は長引きやすい

日焼けは、つまり火傷(やけど)です。

火傷をすると、皮膚の表面が焼けて、バックリとさけてしまいますよね。

実は日焼けした皮膚にも、小さいながらも同じような現象が、起きています

それが、ひりひりの正体なのです。

少なくとも1日は、ずっとひりひりした状態が続くので、しばらくいたいおもいをすることになります。

それって常時辛いですよね。

とくに、敏感肌の方は、その痛みが長引きやすく、場合によってはイタミが悪くなっていくことすらあるんです。

そんなひりひりを、すこしでも早く治す為に、日焼け後は必ずアフターケアをするようにしましょう。

そうすることで、ぐっと炎症が治まってきますよ。

コメント

7 dummydummy dummy dummy