皮膚の老化を防ぐために、ひどい日焼けの場合の対処法

皮膚の老化を防ぐために、ひどい日焼けの場合の対処法 日焼けのアフターケア

「しっかり保湿を、しているは、ずなのに、なぜかドンドン乾燥してしまう。。。」

「以前と比べて、なんだか皮膚が老化してきた気がす。。。」

これらのような皮膚の変化になやむ女性は、すごくおおいのでは?

美しい女性になる為に、皮膚が綺麗である事は欠かせませんね

どんなにお洒落でスタイルが良かったとしても、吹き出物が沢山出ていて、ガサガサの乾燥皮膚では美しく見えませんよね。

それほど迄に、皮膚と言うのはその人の印象を左右します。

皮膚が最も危険な季節、夏

そこで皮膚を美しく保つために、暑い季節は最も危険をはらんでいます。

それは、「紫外線」が最強だからです。

どれだけ皮膚のケアをしていたとしても、紫外線に無防備では、全てが台無しになってしまいます。

紫外線対策をしないと

紫外線に対して何も対策をしないままだとどうなるか。

皮膚は焼けて黒くなり、さらには体の中の熱が、水分を飛ばして乾燥皮膚を招きます。

見た目にひどい姿になってしまいます。

紫外線対策をしたとしても

だけど、UVカットの日焼け止めや帽子などを活用して、入念に対策をしていても。。。

日焼けをしてしまう時ってあるんですよね。

そんな時は、焦らずに適切なアフターケアを、行ないましょう。

アフターケアをすることにより、皮膚の老化の進行を防ぐことが出来ます。

皮膚の老化はこうして進む

逆に言えば、「日焼けなんてそのうちなおるだろう」とほったらかしにしていると、皮膚が、ドンドン老けてとんでもないことになってしまうのです。

なぜ日焼けによって皮膚が、老化するのかと言うと、紫外線がコラーゲンも破壊してしまうから

皮膚のハリを保つ重要な成分のコラーゲン。

これが破壊されると、シワやたるみの原因になるわけです。

日焼けをしたら仕方ないですまさずに、必ずアフターケアをしましょうね。

 

皮膚の状態が酷い場合の対処法

日焼けがひどい場合の対処法

春から夏にかけて、強く降り注ぐ紫外線。

外出する時には、しっかりと対策をして出かけなければなりませんね。

たしかにすごく面倒ですよね。

「1日だけならだいじょうぶでしょ」と無防備な態勢で外出したとしましょう。

するとガッツリ日焼けをして、後悔した方もあるとおもいます。

日焼けと言うのは、軽度の火傷のことです。

皮膚が炎症を起こして、皮膚が細かく裂けてしまうのです。

それで、ひりひりとした痛みが、引き起こされます

この程度ならば、しっかりとアフターケアを、してあげれば早急に回復するのですが、重症の場合には、そうもいきません。

自己流の手当てでは、今以上に悪くなるする恐れもあるんです。

そこで今回は、日焼けが酷い場合の対処法を、ご紹介しましょう

日焼けがひどい、重症の場合の対処法

軽度の日焼けは、皮膚を冷やしてあげればイタミや赤みは、治まります。

ですがそれでも治らない場合には、病院に行きましょう

大袈裟とおもうかもしれませんが、前述したように日焼けは火傷と同じです。

早急に適切な処置をしてもわわないと、取り返しのつかないことになります

場合によっては、点滴治療でそのまま入院もありえるので、診察に向かう際は入院の準備もしておきましょう。

また水ぶくれになっているか所は、つぶさないようにしましょう。

中程度の日焼けの対処法

水ぶくれができたという重症ではないけど、痛みがなかなかひかないという中程度の日焼けの場合は、軟膏を皮膚に塗る手もあるんです。

軟膏のみでは、あまり効果が期待出来ませんが、保湿効果のたかい化粧水と合わせて活用することで、軟膏の効果を最大限に出来ます

イタミや炎症が酷い時には、ステロイド系の軟膏が適しています

ですが、免疫力が低下するリスクも持ち合わせています

大量に使用すると危険なので、必ず医者に相談するようにしましょう。

 

日焼けでめくれた皮は、剥いちゃだめ!

日焼けでめくれた皮はむいちゃダメ

夏にするとどんなに気をつけていてもなってしまうのが、「日焼け」ですよね。

きっと日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさす等といった万全なUVケア対策をしなければ、必ずすこしは、焼けてしまいます。

一時期は、ガングロといって日焼けした小麦色の皮膚が、流行しました。

ですが、今や美白の時代

殆どの女性が、白くて眩しいスベスベの皮膚を、目指しています。

日焼けをすると色々と弊害が起きます。

中でも嫌なのが、「いたい」と言うこと。

さらには、表面の薄皮もむけてしまいますよね。

顔のめくれた皮をはがしてはダメです

腕や足の皮が剥けるのならまだしも、これが顔面にできたらどうでしょう。

人目が気になって気になって、外出出来るものではありませんね。

とくに女性は、一刻も早く治したいとおもうのでは、ないでしょうか。

とに角目立たなくさせようと、剥けた皮をはごうとする方がよく見受けられます。

ですが、それは厳禁です!

ニキビと同じで、手を出してしまうと余計に状態が悪くなってしまいます

どうしても気になるのはわかります。

ただここは、ぐっと辛抱して。

自然になおるのを、待ちましょう。

正しい日焼け後のアフターケア

正しいアフターケアを、してあげれば、なおる迄の時間をかなり短縮することが出来ますよ。

アフターケアの方法は、すごくかんたん。

何も特別なことを、する必要はありません。

こまめに水分補給をしたり、熱くなっている皮膚を冷やして、保湿ケアをするということでOKです。

日焼けでした皮膚をボロボロにさせない為にも、皮を剥くことだけはやめましょう!

 

2度目の日焼けは、阻止しよう

二度目の日焼けは阻止しよう

「この前つい油断してガッツリ日焼けを、してしまったし、もうどんなことをしても手遅れでしょ!

いっそのことガンガン日焼けしちゃえ!」と、

このように投げやりになったことは、ありませんか?

日焼けは、どんなに気をつけていても焼けてしまうもの。

上から降り注ぐ紫外線を、完璧にガードするのは、相当な努力が必要です

1度黒く焼けてしまっているのです、又すこし日焼けしても変わりないようにおもえます。

ですが、実はそれって、相当危険な行為なんですよ。

二度目の日焼けは全力阻止

1度日焼けしてしまったら、2度目の日焼けは全力で阻止しなければならないのです。

皮膚は思った以上にすごくデリケートです。

日焼けと言うと可愛く聴こえますが、現実は火傷してしまったのと同じこと

火傷しているんです、相当なダメージをうけているわけです。

敏感な皮膚よりもずっと些細な状態といえます。

だから、すこしの紫外線を、浴びるだけでも大ダメージになります

面倒でも、長袖長ズボンに日傘、そして日焼け止めクリームを塗ってから、出掛けるようにしましょう。

二度目の日焼け止めクリームの注意点

ただ、ここで一つ注意点が、あるんです。

それは、石鹸でかんたんに落とせる型のクリームを、使うこと

クレンジング剤が必要なクリームでは、余計に皮膚が、傷ついてしまいます。

汗で軽く落ちるくらいの日焼け止めクリームでも、じゅうぶんに効果は期待出来ます。

どんなに適切なアフターケアを、行っていたとしても、紫外線に対して無防備なことでは、いみがありません。

本気で治したいと思ったら、やり過ぎなくらいに紫外線を、カットしましょう

コメント

7 dummydummy dummy dummy